2012年06月25日

チタン・ステンレス薄板活用研究会

1.研究会の目的
  中國工業(株)の電子関連用けステンレス薄板(箔)の端材はスクラップとして
  回収されているが、資源的にも損失であり有効活用を検討。
2.研究会会員
  中國工業(株)、(株)サンポリ、シマダ(株)、岸田ステンレス(株)、
  (株)中原工務所、(株)ヤナギヤ、(株)木原製作所、山口県産業技術センター、
  (社)山口県技術交流協会(会長、コーディネーター)
3.実施または検討中活用方法
 (1)折り曲げて使用する容器「携帯ステンレスシート」は屋外レジャー用の
   多用途容器としてホームセンターで販売されている。
 (2)建材用瓦の下地の防水シートの代替、床下の遮断用、壁材など検討したが、
   具体案に至らず。
 (3)ステンレス鏡としての活用。
   @ガラス鏡より大幅に軽量で、しかも質量が極めて少ないので曇りにくいと
     いう性質から、風呂場、洗面所のステンレス鏡としての活用を検討。
     100μmの鏡面ステンレスを箔試作し浴室で試用中。
   A100円ショップなどでアンテナ販売を実施し販売の可能性検討。
   B病院の廊下などで、配膳車や書類運搬など前方やコーナー部の先が
     死角になり危険との情報があり、軽量なステンレス鏡をコーナー部の
     二面に貼り付け、危険除去の一助にならないか検討。
   C照明器具のシェード内面の反射板への活用について調査したが、
     白色が最適とのことで本件の活用は困難か。
 (4)テープヒーターの活用について
   @ハウスいちごの株元(クラウン)部のみをテープヒーターで加温する
     試験を実施。従来のハウス全体加温方式だと暖房費10アール当たり、
     年間4、50万円かかるが、テープヒーターでのクラウンのみの加温では
     半減できる見込み。
   A温室の燃料費削減用にランの温室など他の加温用途にも検討したい。
 (5)菓子箱、ケーキ箱の底のケーキをずれ防止の爪付錫めっき板の代替品
   (錆防止)を検討。
 (6)スマートチェアーの開発:ステンレスパイプの活用で3本足、1本足の
   椅子付杖の開発。
 (7)チタンパイプの端材活用について
    ステンレスより軽量という利点を生かし介護用や高齢者用の杖材の活用
    を検討。
    ステンレス製は重量があるため安価なチタンが利用可能なら商品価値が
    増大するとの意見もあるため検討中。

なお、ステンレス薄板(箔:40〜100ミクロン)活用についてのご意見を広く
募集中です。興味のある方は下記にご一報ください。
 一般社団法人山口県技術交流協会 事務局
  〒755−0195 山口県宇部市あすとぴあ四丁目1番1号
           (地独)山口県産業技術センター内
  電話:0836-53-5085   FAX:0836-53-2317
  E-Mail : ytes@iti-yamaguchi.or.jp
posted by ワイティーイーエス at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 各種研究会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56690880
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック